創業資金のお悩み無料相談受付中!

サイコーサポート

0120-353-010

平日 9:00~18:00 メールでの問合せ24時間受付中

chatwork

経理情報コラム

2019.12.13
2019/12/13 サポ子日記 経理の合理化~活用していますか?ネットバンキング~

みなさま、こんにちは!サポ子です^^

みなさまはネットバンキングを活用されていますか?
難しそう・・・手間がかかりそう・・・等、導入したいけどなかなか進まない、という方も多いのではないでしょうか。

一度使ってしまえばとっても便利な機能!ネットバンキング!!
今日はそのネットバンキングについてお話をしたいと思います^^

ネットバンキングとは、銀行との取引をインターネットで行うことです

銀行により違いがありますが、インターネットで利用できる主な取引には次のものがあります。

・残高照会
・入出金明細の照会
・振り込み
・振り替え
・定期預金の預入や解約
・外貨預金の預入や解約
・投資信託の購入や解約

口座にお金があれば、インターネット取引専用のサイトから入力することで様々な取引ができて便利ですよ。
インターネットバンキングを導入されているお客様は本当に多いです。
従業員さんのお給料の振込や、取引先への支払など、件数が多くなるほど便利だな~って感じます^^

ネットバンキングが利用できる銀行とは?

ネットバンキングは、現在ほとんどの銀行で利用でき、大きく3種類に分けられます。

ここからは、わたくし代行プロ代も一緒にお話させていただきますね!

 

■都市銀行、地方銀行、ゆうちょ銀行などのいわゆる銀行

例えば、みずほ銀行なら「みずほダイレクト」、三菱UFJ銀行なら「三菱UFJダイレクト」、
三井住友銀行なら「SMBCダイレクト」、ゆうちょ銀行なら「ゆうちょダイレクト」と呼ばれています。

利用するには申し込みが必要で、窓口やATMと併用して、インターネットバンキングが使えます。
ダイレクトバンキングの申し込みをすると、パソコンやスマートフォンのインターネットから取引できますよ。

 

■銀行のネット支店

銀行の中にはインターネット取引専用の支店を、インターネット上に開設しているところがあります。
地方銀行に多く、例えばスルガ銀行の「ダイレクトバンク支店」、愛媛銀行の「四国八十八カ所支店」など。
これらの支店に口座を開いて利用します。
現金の入出金にはATMを使い、取引はインターネットで行います。

 

■インターネット専業銀行(ネット銀行)

ジャパンネット銀行、ソニー銀行、楽天銀行、住信SBIネット銀行、じぶん銀行、大和ネクスト銀行、GMOあおぞらネット銀行、ローソン銀行が挙げられます。
原則、実在の店舗がなくインターネットで取引をする銀行です。
ネット支店同様、現金の入出金にはATMを使い、取引はインターネットで行います。

ネットバンキングのメリットは?

最大のメリットは、窓口やATMまで出かけなくても取引ができることですよね!!

通帳記帳に行く時間がない、面倒だという人は多いですよね。
自宅のパソコンやスマホで、いつでも好きなときに残高や入出金明細の照会ができるので、忙しいときや天気が悪くて外に出たくない日などは、とても助かります。
私も「引き落としがあるけど残高が足りるかな?」とか、「お金が予定通り入金されているかな?」というときに、簡単に確認しています。

また、振込手数料が窓口よりも安くすむのもメリットのひとつです。

気軽にネットで定期預金を作れるのもネットバンキングのメリット

さらに、ぜひおすすめしたいのが、ネットで定期預金を作ることです。

普通預金にお金を寝かせている人は、その分をぜひネット定期に。
窓口やATMまで足を運ばなくてもいい上に、満期になったら解約して普通預金に入れる、あるいは同じ定期を自動継続するなどの予約もネットで済ませられます。

都市銀行などでは、定期預金の金利はネットで預けてもATMや窓口と同じところが多いのですが、ネット銀行やネット支店の定期預金は、一般的な定期預金より金利が高いのも嬉しいポイントです。

ネットバンキングのデメリットはIDなどを忘れると本人でも利用不可な点

一方で、デメリットもあります。
ネットバンキングでは、安全な取引のために、本人確認用のIDやパスワードを設定して利用します。
このIDやパスワードを忘れてしまうと、本人でもログインできず、取引ができなくなってしまいます。

ネットバンキング用の口座を開くときには、IDやパスワードを忘れないようにしてくださいね。
アルファベットは大文字と小文字を読み分けるので、大文字か小文字かの確認も大事ですよ。

まずはメインバンクでネットバンキングを始めよう

都市銀行など、メインバンクとして使っている銀行でネットバンキングを始めると、ATMや窓口も併用できるので、ネットでログインできない事態になっても慌てずに済むと思います。
慣れてきたら、ネット支店やネット銀行にも口座を開き、金利の高いネット定期を利用するといいでしょう。

どちらの場合も、困ったときはカスタマーセンターやコールセンター、ヘルプデスクなどに電話をすれば対応してもらえるので、それほど心配することはありませんよ。

過失がなければ不正引き出しは全額補償される

もっとも不安なのは、インターネットを通して情報がもれないか、不正な引き出しの被害にあわないか、という点だと思います。
全国銀行協会は、インターネットバンキングで預金を不正に引き出された際には、銀行に過失がない場合でも、預金者に過失がなければ全額補償するという発表もありました(2008年2月)。

被害にあわないためには、次のような対策が必要です。

・パソコンに最新のウィルス対策ソフトを使用する
・不審なメールのリンクを開かない
・必ず公式サイトからログインする
・前回のログイン日時や取引の内容を確認する
・パスワードを生年月日など推測されやすい番号にしない
・パスワードを他人に知らせたりしない

 

取引の際には、暗号化通信の証明である鍵のアイコン、正式な銀行サイトであることを示すURLを確認しましょう。

各銀行ではセキュリティ対策を強化していますが、自分自身でもしっかり注意して、便利なネットバンキングを使いこなしてみてくださいね!

サポ子でした^^

経理に関してこのようなお悩みありませんか?
  • 社員に経理を 任せられない方はコチラ!!
  • 親族の経理担当に不安を 感じている方はコチラ!!
  • 経理が辞めてしまった方はコチラ!!
  • 経理を改善・効率化 したい方はコチラ!!
経理サポートメニュー
  • 経理のコストカット診断
  • 経理代行サポート
  • 記帳代行サポート
  • クラウド会計導入・運用サポート
  • 給与計算代行サポート
  • 年末調整代行サポート
  • 請求書発行代行サポート
  • 振込代行サポート
利用するシステム
  • A-SaaS
  • MFクラウド
  • JOBCAN
  • Dropbox
  • chatwork
  • KING of TIME
無料相談受付中!

サイコーサポート

0120-353-010

9:00~18:00(平日)

会社情報
PAGETOP